ウールブランケットは防水ですか?

2023/09/24

ウールブランケットは防水ですか?


ウールブランケットは寒冷地に住む人にとって欠かせないアイテムです。柔らかくて暖かく、体温を逃がさないので、寒い冬の夜に快適に過ごすのに最適です。しかし、ウールブランケットを屋外で使用する予定がある場合はどうすればよいでしょうか?雨、みぞれ、雪から守ってくれるでしょうか?この記事では、ウールブランケットは防水性があるのか​​どうかを調べます。


ウールを理解する


ウールは、衣類、毛布、その他の織物の製造に何世紀にもわたって使用されてきた天然繊維です。羊、ヤギ、その他の動物の柔らかく縮れた毛から得られます。ウールの独特の特性は、寒い季節の衣類や毛布に最適な素材です。ウール繊維には天然のクリンプがあり、小さなエアポケットを作り、体を断熱し、暖かさを保ちます。ウールには天然の吸湿発散性もあります。つまり、湿気を感じることなく重量の 30% まで水を吸収できます。このため、ウールブランケットは湿気の多い気候に最適です。


ウール vs 防水


ウールブランケットは保温性に優れていますが、本質的に防水性はありません。ウールの繊維は本来多孔質であるため、水が非常に簡単に浸透します。ウールが濡れると乾くまでに時間がかかり、カビが発生する可能性があります。さらに、ウール繊維は濡れると断熱特性が一部失われる傾向があるため、濡れたウールブランケットを使用すると寒くなる可能性があります。


では、ウールブランケットは耐水性に関してはまったく絶望的なのでしょうか?必ずしも!ウールは防水素材ではありませんが、加工することで耐水性を高めることができます。ウールブランケットの耐水性を高める方法をいくつかご紹介します。


1. ラノリン治療


ラノリンは羊が自然に生成するワックス状の物質です。ウール繊維に撥水効果をもたらし、濡れた状態でもドライな状態に保ちます。ウールブランケットをラノリンで処理すると、耐水性が高まります。ラノリンは、液体、クリーム、スプレーなど、さまざまな形態で入手できます。


ウールブランケットをラノリンで処理するには、次のものが必要です。


- お好みのラノリン製品

- 温水

- 大型コンテナ


その方法は次のとおりです。


1. 大きな容器に温水を入れます。

2. メーカーの指示に従ってラノリン製品を加えます。

3. ウールブランケットを容器に入れ、完全に飽和するまで軽くかき混ぜます。

4. ブランケットを少なくとも 30 分間浸します。

5. ブランケットを冷水でよくすすぎます。

6. 余分な水を絞り、ブランケットを平らに置いて乾燥させます。


2. ワックス処理


ウールブランケットの耐水性を高めるもう一つの方法は、ワックス処理です。これには、ウール繊維にワックスの層を塗布し、水をはじくバリアを作成することが含まれます。蜜蝋は扱いやすく、耐水性に優れているため、この処理によく使用されます。


ウールブランケットをワックスで処理するには、次のものが必要です。


- ミツロウ

- ダブルボイラー

- 大型コンテナ

- 絵筆


その方法は次のとおりです。


1. 蜜蝋を二重鍋で時々かき混ぜながら、完全に溶けるまで溶かします。

2. 大きな容器に温水を入れます。

3. ウールブランケットを水に浸し、完全に飽和していることを確認するために軽くかき混ぜます。

4. ブランケットを水から取り出し、きれいな場所に平らに置きます。

5. ペイントブラシを使用して、湿気と接触する可能性が最も高い領域を中心に、ウール繊維に溶けたワックスの薄い層を塗布します。

6. ワックスが冷えて固まるまで待ちます。

7. ブランケット全体をワックスで覆うまで、手順 3 ~ 6 を繰り返します。

8. ブランケットを一晩乾燥させます。


3. シリコンスプレー処理


ラノリンやワックス処理の手間をかけたくない場合は、シリコンスプレーを使用してウールブランケットの耐水性を高めることができます。シリコンスプレーはウール繊維の表面に薄い撥水層を作り、水が浸透しにくくします。


ウールブランケットをシリコンスプレーで処理するには、次のものが必要です。


- シリコンスプレー

- 大型コンテナ

- 温水


その方法は次のとおりです。


1. 大きな容器に温水を入れます。

2. ウールブランケットを水に浸し、完全に飽和していることを確認するために軽くかき混ぜます。

3. ブランケットを水から取り出し、きれいな場所に平らに置きます。

4.湿気がかかりやすい部分を中心にシリコンスプレーをブランケットの表面全体に吹き付けます。

5. 使用前にブランケットを数時間乾燥させてください。


4.防水カバー


他のすべてがうまくいかない場合は、いつでもウールブランケットの上に防水カバーを使用できます。これは、屋外の濡れた状況でブランケットを使用する予定がある場合に特に便利なオプションです。防水カバーはウールブランケットと風雨の間に障壁を作り、体をドライで快適に保ちます。


5. プラスチックシート


ピンチで防水層が必要な場合は、ビニールシートが緊急時の防護壁として機能します。長期的な解決策ではありませんが、いざというときに乾いた状態を保つのに役立ちます。使用前にウールブランケットの上にビニールシートを敷くだけです。


結論


結論として、ウールブランケットは本質的に防水性はありませんが、耐水性を高める方法がいくつかあります。ラノリン処理、ワックス処理、シリコンスプレー、防水カバー、プラスチックシートのどれを使用するかに関係なく、ニーズに合ったソリューションを見つけることができます。適切なケアと注意を払えば、ウールブランケットは屋外の厳しい条件下でも何年も暖かさと快適さを提供できます。

お問い合わせ
あなたの要件を教えてください、私たちはあなたが想像以上のものをすることができます。
お問い合わせを送ってください
Chat
Now

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
norsk
Suomi
dansk
русский
Português
한국어
日本語
italiano
français
Español
Deutsch
العربية
現在の言語:日本語